リスク回避につながります

集合住宅

家賃収入で老後に備えよう

定年後まで生活費の心配はしたくないと考えている人は多いです。年金だけでは現役の時と同じような豊かな生活はなかなか望めません。コツコツと貯金したお金を少しずつ取り崩して、生活費に充当していくという選択肢以外にもとるべき手段が欲しいと誰もが考えています。このような未来に陥らないために、若い世代の一部は不動産投資を始めています。不動産投資は手間をかけることなく、安定した副収入を作ることができる魅力的な資産運用方法といえます。若いうちから不動産投資を始めていれば、定年を迎えるころには、ローン返済は完済しており、家賃収入の全額が自由に使えるお金になっています。不動産投資にはリスクがあると考えて、なかなか一歩を踏み出せない人もしばしばいます。このような人は、一生懸命に銀行預金や国債で運用をしています。しかし、銀行預金や国債が安全とは必ずしも限りません。なぜならば、これらの運用商品はインフレーションに弱いからです。一方、不動産はインフレーションに対応した投資商品です。物価が上がれば不動産価格も上がります。不動産投資をすることで、家賃収入を得続けながら、インフレーションに対する備えもしっかりとできるのです。逆に景気が低迷して不動産価格が下落しているときは、じっと保有し続け、家賃収入を淡々と受け取っていれば良いのです。積極的に投資をすれば、不動産投資による収入が給与収入を上回るということも実現可能です。